Nose reshaping

鼻整形の種類

女性

大阪の鼻整形というのは様々な種類があるので、それを紹介します。
プロテーゼ隆鼻術:プロテーゼという人口軟骨を挿入して鼻に高さを出します。プロテーゼは種類があるので自分に合った形のものを選べます。
鼻中隔延長術:鼻の軟骨に他の軟骨を移植し鼻先を伸ばす施術です。鼻が上向きで鼻の穴が見える、いわゆるブタ鼻の人におすすめです。小鼻縮小術:小鼻が横に広がっているのを細くする施術です。元の鼻の形によって方法が変わります。鼻突形成:鼻先の脂肪などを取り除き鼻先を尖らせる施術です。団子鼻の人におすすめの鼻整形です。
ハンプ修正:鷲鼻をすっきりさせる施術です。出っ張っている軟骨を削り鼻筋を真っ直ぐにします。まだまだ色んな施術があります。
自分のなりたい鼻になれる施術があると思うので整形外科の先生と相談して決めていくのが一番です。メスを入れず注射などで手軽にできるものもあり、料金もリーズナブルなので、そういったプチ整形も人気があるようです。しかしプチ整形の効果は1年~2年くらいで消えてしまいます。
大阪のそういったプチ整形は失敗することがが少なく、たとえ仕上がりが気に入らなくても、時間が経てば自然に元に戻るのでリスクは少ないです。自分が満足の行く仕上がりになることが大事なので、信頼できる大阪の鼻整形の病院を選びましょう。

鼻整形をするならしっかり形を考えてから

大阪の鼻整形について興味があるので調べました。少し私の意見感想を入れて書きたいと思います。まず一般的な鼻の種類を紹介していきます。団子鼻はお団子のような鼻の形をしていて鼻先が丸く、大きく膨らんでいる形。アップノーズ(豚鼻)は豚鼻で先端が上を向いている、正面から鼻の穴が丸見えになるのが特徴的。鷲鼻は全体に大きく弓なりに曲がり先端がとがっている形。ちなみに私は団子鼻と鷲鼻のハーフです。
次に鼻整形の種類をいくつか紹介していきます。大阪の病院によりますが、フレックス・ノーズは鼻の形が気になる。切らずに鼻の形を整えたい方、鼻を高くしたい。ヒアルロン酸注入では物足りない。忙しく、ダウンタイムは少ない方が良い。などのひとにおすすめの専用の特殊な糸を使用するだけの“切らない”隆鼻術です。次にプロテーゼによる隆鼻術は、低い鼻を違和感なく高く見せたい。鼻筋を通してフェイスラインを整えたい。鼻にプロテーゼを入れる。などです。最後に鼻翼縮小は、小鼻を小さくしたい。横広がりの小鼻を小さくしたい。鼻翼を一部切除し、鼻の穴を小さくし、正面から見えにくくする手術方法です。
私はするならがっつり高くしたいのでプロテーゼを入れたいです。鼻整形をするならしっかり形を考えて良い大阪の病院を探してからしましょうね。

鼻整形の注意点とは

鼻整形することによって、自分に自信を持てる事はとても良いことだと感じます。しかし、鼻整形は良い事ばかりではありません。今回は鼻整形を行う事により生じるデメリットについて書いていきます。
1つ目は「保険が効かない」事です。大阪の整形では保険が効かないです。なので、手術料は高額になりやすいです。なので、大阪の高校生や大学生などお金に余裕が無い人からしたら、高い手術代はかなりのデメリットですね。
2つ目は「思い通りの鼻になるとは限らない」です。手術を行うのはあくまで人間です。失敗もあります。思い通りの鼻の形にしてくれる保証はありません。もし、手術を行って思い通りの鼻になれなかった場合は、手術代が水の泡になってしまいます。そういう失敗のリスクもしっかり受け止めて手術を行うしかないのが、整形手術なのです。
3つ目は「元の鼻に戻したくなっても無理」です。もし以前の鼻に急に恋しくなっても、手術をしてしまっては元の鼻に戻すのは難しいです。
4つ目は「手術にハマってしまう可能性がある」という事です。大阪で手術を行う事で「もっともっと綺麗になりたい」と欲が出てしまって、整形にハマってしまうのが怖いです。整形代はお世辞にも安くないので、ハマるのは注意です。


🌸鼻整形を大阪でしたいという方はこちらから。
実績が豊富な先生がしっかりとした鼻整形を行ってくれるので安心感も抜群ですよ。

CHOICE

赤い服

小鼻が大きい悩みは鼻整形で解決

鼻整形をしようか迷っている女性はいらっしゃると思いますが、中でも小鼻の形や大きさに困っている方…

横顔

鼻整形のデメリット

鼻整形を行う事により良い事はたくさんあります、デメリットもたくさんあります。今回は鼻整形を行う…

ジュースを飲む女性

鼻の整形を行いたい人の特徴

大阪には鼻整形をしたがる人がとても多いです。どういう人が鼻整形をしたがっているかと言いますと、ブタ鼻・団子鼻・ワシ鼻などの人たちは、鼻にコンプレックスを持って整形をしたがるらしいです。やっぱり大…

click!more